夢のワンルーム

投資で得られる収入

投資で得られる収入

投資で得られる収入 ワンルームマンションを投資の手段として購入した場合の収入ですが、基本的には毎月の家賃や共益費、そして新規の入居または契約更新時に入居者から得られる敷金・礼金や契約更新料などがその内訳となります。もちろん敷金は入居者がそのワンルームマンションを退去する際に原状回復に要する費用などを差し引いて返還しなければなりませんので、手元に入るお金とはいってもただちに収益となるわけではありません。
ワンルームマンションを賃貸に出した場合には、はこのような収入を得る機会が定期的に訪れるため、不労所得として根強い人気があるわけですが、忘れてはならないのが経営にともない必然的に支払うことになるコストの存在です。たとえば土地と建物には毎年固定資産税がかかりますので、もしも入居者が埋まらずに空室の状態が長く続くと出費だけがかさんでしまいます。固定資産税のほかにも清掃をはじめとする管理費、大規模修繕工事の負担金、不動産会社などへの委託費用があります。

投資で得られる収入と利回り

投資で得られる収入と利回り ワンルームマンションはいわゆるサラリーマン大家のように片手間でもできる投資方法として人気がありますが、それはいったん所有して賃貸に出すことによって、定期的で確実な収入源となることが理由となっています。
たとえばワンルームマンションの入居者からは毎月の家賃が口座に振り込まれますし、契約の際に慣例となっている礼金などもそのひとつと考えられます。通常は投資用のワンルームマンションを購入する際には、利回りという言葉で購入費用に対してどの程度の収入が見込まれるのかを数値化したデータを検討することになります。この利回りはチラシやパンフレットなどの媒体によって指している内容が異なることがありますので注意が必要です。年間の家賃として見込まれる金額を単純に物件の購入価格で割っただけでは正確とはいえません。管理費や修繕積立金などの支出の部分を差し引いたもの、いわゆる実質利回りをベースにして考えることが重要です。