夢のワンルーム

不動産投資で利益をあげる

不動産投資で利益をあげる

不動産投資で利益をあげる ながらく続く銀行の低金利で預金をもて余している人には、余剰資金で投資を始めることを推奨します。
投資と言っても株式やFXなどは専門知識が必要なため、素人や初心者は不動産投資がおすすめです。
マンションや駐車場を購入し、希望者に貸し出すことで毎月の賃料で利益をあげる手法なので、専門知識は必要ありません。
管理すら手間だという人には代行業者にマンション管理や駐車場管理を委託すれば、手数料を差し引くだけで毎月不労所得が得られます。
特にマンションへの不動産投資は賃貸として貸し出すだけではなく、売買でも利益を得られるため二段構えのお得な投資です。
不動産を購入する時は中古マンションを安く購入して修繕してから貸し出したり、更地を安く購入してから駐車場に施工すると少ない予算で経営が始められます。
民泊新法と呼ばれる住宅宿泊事業法の改正により初心者でもますます始めやすく不動産投資は、低金利時代を生き抜くための賢い投資術です。

マンションへの投資は損か得か?将来を予測する

マンションへの投資は損か得か?将来を予測する マンションへの投資で大損をこいたという体験談をネット上でちらほら見かけます。このような体験談を読んでいると、マンション経営はもはや儲からないというイメージを持ってしまいそうです。結論を出す前に、少し歴史を振り返ってみましょう。1970年代にはまだ一戸建てのほうが主流でした。大規模マンションが次々と建てられたのが、1980年代のバブル期です。この時代には不動産の価格は上がり続けるという神話までありました。

その後バブルは崩壊し、不動産の価格は大きく低下します。バブルの時期には本当の値段はついていないですから、むしろバブルがはじけたあとについた価格のほうが真実を反映しているとも言えますよね。これからの時代は本当に価値があるものだけが生き残る時代です。なので、一概にマンション投資が損か得かということは言えません。それよりも、本当に価値がある物件を見分けるスキルを身につけることのほうが重要ですよ。それが結論となります。