夢のワンルーム

初心者のためのマンション情報サイト

ワンルームマンションで投資

ワンルームマンションで投資 サラリーマンが不動産投資をする場合には、気軽に始められる、ワンルームマンション投資があります。
これならばマンションを一棟まるごと買うわけではないので、少ない資金から始めることが出来るからです。
ただしこれをするには注意点がいくつかあります。
区分所有でマンションを買い貸す場合には入居率が、0か100のどちらかになります。
借り手がいない場合には、そこからローンを支払うことが出来なくなります。
ですから入居者が確実に決まるような、東京都心部のワンルームマンションなどを、選んだほうが良いでしょう。
入居者がいないような、地方都市の場合には、辞めたほうが良いかもしれません。
一時期は流行したワンルームマンションですが、アパートやマンションの乱立により、供給のほうが増えています。
需給バランスが崩れると、うまくいかなくなります。
もしそれをする場合には、厳密にリサーチをしてから望む方が良いでしょう。
その方が無難です。

ワンルームマンションは住宅ローンで購入するのが一般的

ワンルームマンションは住宅ローンで購入するのが一般的 ワンルームマンションを購入するときは、住宅ローンを利用する方がほとんどです。
住宅は高額な買い物になりますので、ローンなしで購入する方は数%程度しかいません。
ワンルームマンションは比較的価格が安いですが、一般的な住宅ローンの返済期間は35年間が当たり前になっています。
新築・中古によって事情は異なりますが、35年ローンを設定しておけば毎月の支払いは軽減できるはずです。
ただし返済期間が長期化するほど利息は増えてしまうので、無理をしないようにしてください。
ローン金利は0.1%が非常に大きくなりますので、十分にローン比較をして選びましょう。
ワンルームマンションは生涯でもトップクラスの高額な買い物になりますから、少しでも総支払額が少なくなるように工夫してください。
地価の高額なエリアにある物件なら、投資物件としての役割も持っています。
将来的に地価が上昇してから売却すれば、ローン返済金のほかにまとまった資産構築ができる場合があります。