夢のワンルーム

マンションの住宅ローン

マンションの住宅ローン

マンションの住宅ローン マンションの住宅ローンは審査が通りやすいかというと、そうでもありません。
なぜなら、ワンルームマンションは担保としての価値が一戸建てに比べると平均して低いからです。また、建物は消耗品なので価値が下がりやすいです。土地の面積よりも建物の面積のほうが多いマンションは、担保価値低下という問題も抱えています。しかし、悪いことばかりではなく、価格が安い傾向があるワンルームマンションは、ローンで借りる金額・返済年数が抑えられるのでその意味では有利です。結局のところ、審査通過の難易度は一戸建ての住宅ローンとそれほど変わらないということになるでしょう。
建物の価値は年月の経過とともに落ちていくので、頭金を多めに用意することが大切です。フルローンを組んでしまうとオーバーローンとなる可能性が高まります。土地の割合が小さいマンションの場合、頭金を多めに用意する必要性が高いと言えるでしょう。審査に通ることが最終目的ではないということをしっかりと理解しておかなくてはなりません。

ワンルームマンション購入の際に受けられる融資

ワンルームマンション購入の際に受けられる融資 ワンルームマンションとはいっても立地条件によってはかなりの価格となりますし、特に新築からまだ年数が経過していない物件の場合は人気に比例して金額も高くなるのが普通です。そこで自己資金だけで購入するのではなく、自己資金の部分を頭金としつつも、銀行その他の金融機関からの融資を受けて購入費用に充当することが一般的といえます。
自己居住目的でワンルームマンションを購入するのであれば、一戸建ての住宅ローンと同じ枠組みで借り入れをすることが可能ですので、給与収入などの確実に返済が可能な収入源があって団体信用生命保険に加入できる程度の健康体であれば審査をパスすることは容易です。投資目的で購入する場合には事業用の不動産投資ローンなどを利用しますが、その物件から期待される家賃収入をはじめとして、立地条件などの物件そのものの担保価値が審査にかかわってくることがあります。そのため一般の住宅ローンとはかなりしくみが異なると認識しておいたほうがよいでしょう。